2010年2月10日 (水)

ご存じですか? 自転車専用レーン (尼崎市)

ご存知ですか?自転車専用レーン(尼崎市)
県道西宮豊中線(尼崎市塚口町4丁目〜富松城跡前の約1.2キロ)の青色の部分は、全国でも珍しい自転車専用レーンです。車もオートバイも通行できません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

■■ 時代とともに変わります ■■

「運転免許を取るときにポンピングブレーキを習いました。ブレーキは数回に分けて踏んだ方がいいですか?」とよくご質問があります。

ブレーキに電気制御やABSがなかった時代には効果的なブレーキのかけ方でしたが、今の自動車には標準装備されており、この方法は必要ありません。

また、減速するたびにブレーキランプが点滅し、追突事故の防止になると言われますが、後続車の運転者は、よい感情をもってくれないでしょう。同乗者の車酔いの原因となってしまいます。

ブレーキをかけるときは、最初はできるだけ軽くかけ、それから必要な強さまで徐々にかけていきましょう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ABSとは…

急ブレーキをかけたときに、コンピューター制御により車輪のロックを防ぎハンドルのききを保ったり、横滑りを防ぎ、車のコントロールを保とうとする機構で、とくにすべりやすい路面でその効果を発揮します。

しかし、低速走行時や砂利道など、状況によってはかえって制動距離が長くなることがあります。日頃からABSを作動させないために、十分な車間距離を保ち、控えめな速度を心がけるべきですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

ご存じでしたか?

聴覚障害者マーク

上記の図は、聴覚障害者標識(マーク)と言います。平成20年6月の道路交通法改正で新しく追加されました。

聴覚障害のある耳の不自由な方が、普通自動車を運転する時に表示が義務付けられています。

周囲のドライバーはクラクションが使用できないため車間距離を十分取るなどの聴覚障害者への対応を考慮する必要があります。

初心者標識(マーク)と同じ扱いになります。周囲のドライバーは、この標識を表示した普通自動車を保護する義務があります。

聴覚障害者標識(マーク)を表示した普通自動車を見かけたら、幅寄せ・割り込みなどの行為をせず、思いやり、ゆずり合いの精神でお互い気持よく運転しましょう。

教習指導部第一課

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

左側面の接触事故にご注意!

初心者のミスで圧倒的に多い接触をしてしまう箇所ベスト1は、左折時に内輪差を考慮せず、ぶつけてしまう左側面です。

■ 接触さない為の対処法 ■

① ハンドルを切るタイミングに注意して、早く切りすぎない。                   ② 左折時、左側の間隔が狭いまま曲がらないように注意。

■ よく接触してしまう場所 ■

① 駐車場の出入り口
② スーパーマーケットなどの駐車スペースからの発進時
③ 左折しようとした先に対向車がいたり、歩行者が歩いている道路

凹凸 接触しないためのアドバイス 凸凹

     「左折小回り」 に要注意

教習指導部第一課

左側面にご注意を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

最近、「慣れてきたんです」のこわさ…?

運転するためには、「経験」と「慣れ」が必要です。
はじめてひとりで運転する時にはかなり緊張し、真っ直ぐ走行するだけでも
ままならないかもしれませんが、運転回数が増えてくると余裕もできて
周囲の状況もよく見えるようになります。


それがちょうど半年~1年ぐらいの時期です。


運転技術が上達すると皮肉なことに、「慣れ」からくる事故をお越しやすくなるのも
この時期なのです。


「もう少し速度を出してみようかな」


「ここの交差点は交通量がいつも少ないから徐行しなくてもいい」など。


「慣れ」が、「油断」に変わるこの時期の運転に気をつけてください。

教習指導部第二課


続きを読む "最近、「慣れてきたんです」のこわさ…?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

◆◆ 今日のライト点灯推奨時刻 ◆◆

16時00分  (11月4日現在)

早めのライト点灯を推奨します。

教習指導部第一課

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

DRIVING INSTRUCTOR BLOG

マイカー教習中の出来事です…。

一緒に同乗しているお子様を退屈させないために

“子供の歌特集CD”の「勇気100%」が流れていました。

♪♪そうさ100%勇気~もうがんばるしかないさ~~♪♪は、

運転練習をがんばっているお母さんのための応援歌に聞こえてしまいました。

その時、チャイルドシートのお子様は、スヤスヤとお休み中でした。(-.-)zzZ

アドラは、がんばるお母さんを応援します!!!

教習指導部第一課

続きを読む "DRIVING INSTRUCTOR BLOG"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

■■ 運転の基本と実践テクニック ■■

<strong>■■■ 運転の基本と実践テクニック ■■■</strong>
狭い道で対向車とすれ違う時の運転テクニック

写真の状況になると

despair停止したくなる。

despair対向車に寄って行ってしまう。

despairどうすれば良いかパニックになる。

と言うドライバーのみなさん!happy01

すれ違う時に対向車の大きさや、こちら側に寄ってこないかなどの理由で対向車を凝視していませんか?

スムーズに通過できないのは、じっと見つめることが原因なのです。

このような状況は、まず速度を落とし、対向車のeyeの辺りばかり凝視

せず赤色のライン上にあるeyeの辺りをメインとして左端の電柱を見たり、対向車

を見たり、また写真奥の車を見たり、あらゆる場所に目線を移動するとスムーズに通過できます。

歩いている時に、向かい側から歩いて来た人とお互い譲りあって、なかなかすれ違えない場合がありませんか?

その場合も相手から目線をそらすと通過できます。歩いている時と運転している時は、全く違うと思っていませんか?

基本的には同じなのです。

――――■■■ ま と め ■■■――――

1、まず速度を落とす

2、対向車から目線をそらす

3、自車が通過する赤い矢印のスペースに目線をむける

4、出来るだけ視野を広く、目線を遠くの場所を見るようにしながら通過する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

運転に役立つトラブル対処法 ハンドルロック編

■卒業生のお客様からフォローアップ制度を利用してのお電話■

        卒業生: A 様 

A 様 : 『鍵がまわらなくて、エンジンがかけられずに困っているです

      と慌てながらお電話があり、事務所にいたインストラクターBが対応。

B   :『なるほど、その症状はハンドルロックですね。』

A 様 : 『ハンドルロックゥですかぁ??』

B   :『盗難防止装置のひとつです。ロック解除法は、左手でハンドルを持ち

      左右に揺さぶりながら右手で鍵を“スタート”の位置までまわします』

A 様 : 『やってみますね。ガタガタ ギュルルンギュルルン。あっ、エンジンが

      かかりました。待ち合わせの約束に間に合いそうです。ありがとう

      ございました。また、わからない事があったら連絡しますね』

B   :『いえいえ、どういたしまして。スピードを出しすぎず安全運転で!』

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 ↓↓↓ ワンポイントアドバイス ↓↓↓

 『まずは落ち着いて慌てずに対処しましょう!!』

                            教習指導部第二課

| | コメント (0) | トラックバック (0)